TOP >

部活の区切り


部活の区切り

休校の影響は様々なところででております。

その中の1つが、部活動。

自分の住んでいる岩手県では、地区の中総体に相当する大会を各地区ごとに設定することが決まっています。

これが中3生の集大成、一区切りの試合として位置づけられました。

 

観客も制限されながらも、運よく見に行くことが出来ました。

その試合は、正直いつもの雰囲気とは違い、和やかなものでした。

いつもであれば、県大会をかけて緊張感の漂う試合。

それなのに、子どもたちは緊張感もありつつ、時折笑顔も見せながらの試合でした。

勝って終わったからそういう雰囲気だったのかもしれませんが、明らかにいつもと違うと感じました。

 

新型コロナウイルスの影響とはいえ、この大会の意義はとても大きいとも感じました。

順位や県大会に出場することだけが目的ではない。

部活動とは、本来こういうものなのではないのかと。

勝利至上主義にならず、子供たちが今までの成果を十分に発揮すること。

勝ち負けも大切ではあるが、それ以上にそれまでに得た経験のほうがより大切であること。

 

成果を発揮する以上、結果も欲しいと思うのも決して悪いことではないと思います。

個人的には、成果を認められたいと思う側の人間なので。

 

今回のコロナの影響により、本来の開催ができず開催にこぎつけるまででも大変だった今大会。

そこから得る経験はいつも以上に特別な経験だったと、見る側からは強く感じました。

 

これを機会に、本当に部活動の在り方が変わるかもしれませんね。






 【教科書補習から中学受験・高校入試・大学受験まで

大崎市 登米市 栗原市 の学習塾 サクセスセミナー進学教室】 




部活の区切り
佐々木(敦) 担当【小中学生:理系・受験 / 高校生:数学・化学・生物】
得意技:苦手生徒も感動!重要語句簡単オモシロ暗記術


好きな食べ物:甘いもの、マイブームはバウムクーヘン


趣味:愛犬と遊ぶこと


好きな言葉:努力が必ず報われるとは限らない、ただ成功した者は皆すべからず努力している

2020.06.23

お問い合わせボタン