TOP >

中学生コース


中学生コース

中学生コース
中学生コース
サクセスセミナーでは、「定期テストで点数が伸びない」「苦手科目がある」という不安を解消するため、個人目標(なりたい姿)→学習の目標→具体的な学習方法をしっかりと理解してもらうことを大切にしています。
高校入試を突破する「学びのスキル」を身に付け、強い意思と情熱で目標に向かう…。
そんな中学時代の1コマをサクセスセミナーで過ごしてほしいと思います。
中学生コース

学年 科目 授業時間 料金
中1〜3 数学・英語・国語
理科・社会
1科目75分  月額7,020(税込)
2科目以上で割引


■定期テスト対策セミナー

●対象 中1~中3
宮城県の高校入試は内申点が大きく影響することは言うまでもありません。
したがって、すでに中1から入試に向けた受験勉強が始まっていることになります。
定期テストという短期間の試練に真剣に取り組むことができなければ、入試までの長期間の学習に耐えることは難しいでしょう。
したがって、1回ごとの定期テストは入試に向けた実践的なトレーニングと考えてしっかり取り組むことが大切です。
学年が進むと、もちろん学習内容が難しくなり、科目ごとの理解度の点検が必要となってきます。
通常授業でもテストのおよそ3週間前から、テスト範囲の復習・弱点チェックなどの強化期間が始まります。
加えて、定期テスト対策セミナーでは、過去の出題傾向からポイントを絞った内容の授業でテスト本番での高得点&自己ベスト更新を目指します。


■季節講習(春・夏・冬) 

●対象 中1~中3
学校の長期休業期間はそれぞれ前学期の総復習を行い次の学期に備えます。
さらに、中1から、高校入試まで身につけたい内容を体系的に学習することを目的としています。
中1中2は本科8日間、中3生は10日間の授業となります。
各季節講習後にはみやぎ模試で達成度を測ります。

■高校入試対策セミナー

●対象 中1~中3
●中3対象 英語・数学・国語・理科・社会
宮城県の高校入試では、基本的な内容から難易度の高い応用問題まで幅広く出題されます。
受験学年である3年生では、早い時期からの受験対策を行うことで、入試における得点力を養成していく必要があります。
サクセスセミナーでは9月以降、通常授業で基本となる教科書内容を学習するのと並行して、入試対策セミナーで既習範囲の応用問題を扱う機会を設けています。
宮城県の高校入試で必出内容となっている英語の長文読解や対話文対策、数学の関数の応用問題や図形の問題、国語の説明文や論説文や小説の読解など、得点力を高めるための講座内容となっています。

《新みやぎ模試》
サクセスセミナーでは中学生を対象に「新みやぎ模試」を実施しております。
受験することで成績票から
●受験生の偏差値
●志望校の合格可能性判定
●各教科の単元別定着度
が分かります。
普段の学習の成果が確認でき、進路選択をする際の重要な資料になります。
サクセスセミナーでは中学1・2年生から年3回、中学3年生は年7回の試験を受験します。
継続して受験することで、生徒は模試に向けて学習する習慣を身につけていきます。
また、各学年の理解が十分できていない単元や不得意な問題パターンが正確に把握でき、志望する進路に向けて効率よい復習と受験対策が可能になります。

宮城県公立高校の新入試制度について (2020年度から実施)

これまでの前期選抜と後期選抜を一本化し、一次募集として実施。一次募集では、共通選抜と特色選抜の2通りの選抜方法で合否を判定します。

 

 

2020年度宮城県立高等学校入学者選抜日程

第一次募集

実施日平成32年3月4日(水)

追試験日平成32年3月10日(火)

合格発表日平成32年3月16日(月)

 


中学生コース
中学生コース
中学生コース

各高校における合否判定

■共通選抜と特色選抜の2通りの選抜方法で合否を判定

■最初の選抜方法で合格圏内に入らなかった受験生を対象に、もう一方の選抜方法で合否を判定→受験生は共通選抜か特色選抜かを選ぶ必要はない。

■共通選抜と特色選抜の選抜順序については、各高校が定める

 

 

 求める生徒像はこちらからご覧ください

(PDFファイルがダウンロードされます)

南部地区・中部南部地区


中部南部地区・中部北部地区


北部地区(大崎・登米)


北部地区(栗原)・東部地区


平成32年度入試から実施する新しい入試制度についての説明動画



お問い合わせボタン